上手い選手の動き

5つの学校から3年生と1年生7名の選手が参加しています。

まだまだ選手募集してますのでご参加ください‼️

 

JOCや春高バレーをみていて、上手い選手は次の次まで考えて動いていることがみてとれました。
レセプションは、二人三人体制が主流ですが、最初にボールを触る選手とそうでない選手の動きなどは、常にフォローができるように自然と動いています。
セットアップは、ボールが自分のところに来る前に首を振って仲間の位置やブロックを確認しています。
スパイクはしっかりと助走が取れるようにファーストタッチ瞬間から助走のために動き出しています。

なにより、これらの動作がとてもスムーズです。

今までやってきたチームでどう指示されていて動いていたのかはわかりません。
選手たちには、「次の動きやその次の動きを考えて行動するにはどうしたらいい?」と
聞いていき、チームの約束事を選手自身で作ってもらいたいと考えています。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。