ブログ

マナー

浜松ベアーズの練習は公共の施設を利用しています。

2面ある体育館では、1面の利用がほとんどです。

当たり前ですが、他の利用者の邪魔になることはしません!

移動の際、隣のコート側に入口などがある時、休憩中や準備中、掃除中であっても必ず体育館の隅を通ります!

ボールが入ってしまったら「ボール入りました、危ないです!」と声をかけてすぐに回収します。コートから出る時は、「すいませんでした」と頭を下げてから練習に戻ります。

改めて宣言します。

当たり前のことかもしれませんが、浜松ベアーズのメンバーには必ず、徹底指導します。

広告

元気がいいとどうなるのか?

練習見学していた保護者の方が休憩中に

「部活でもそのぐらい元気にやったら?」

とおっしゃっていました。

 

中学生は、なかなか自分たちで声を出して練習していくのが難しいようです。
さて、声を出して元気よくやるとどうなるでしょうか?

元気よくやると、動きかが変わります。
動きが変わると、今までできなかったプレイができるようになります。
できないプレイができるようになると、楽しくなります。
楽しくなると、疲れにくくなります。
疲れにくくなると、持久力がつきます。
持久力がつくと、集中力が持続します。
集中力が持続するとできなかったプレイができるようになります。

という好循環が生まれます。

 

だまって、ムスッとしながらやると
楽しくないからダラダラやって、より疲れがでてきます。
部活だとここで怒られるて、無理やり声を出して
元気よくやるフリをしていくと思いますが
これでは、中身は全くともないわないです。

どんな練習でも、選手自身が積極的に声を出して
自ら行動していく環境を作っていきたいと思っています。

 

選手募集!!

IMG_0238

浜松ベアーズでは選手を募集しています。
ヤングクラブの競技型に属している浜松市で唯一のバレーボールクラブです。
中学での試合と異なり、ネットの高さは2m43cmボールは5号球となります。

12月3月の大会に参加予定で練習をしていきます。
週末の練習に加えて社会人や高校生と練習試合などを計画しています。

部活引退後の3年生や、高いレベルで練習をしていきたいと考えている選手
ぜひ、ご参加ください。

e38193e381a1e38289e3818be38289

 

メンタルトレーニング

久しぶりにメンタルトレーナーの伊藤直子さんが練習に来てくださいました。

宮野もいろんなチームや個別にメンタルトレーニングを行なっています。
しかし、自分自身がバレーボールの指導をしていくと、
技術的な部分が多く語ってしまい
客観的にみることができなくなってしまいます。
なので、チームができた当初から
メンタルトレーナー仲間である伊藤さんにお願いしています。

伊藤さんにはチームに講演をしてもらったり、
体験学習の指導、
個々に話を聞いてもらい
バレーへの取り組み方や、
自分の問題点など
明確にしていくことをしてもらっています。

公式戦でもマネージャーとして
ベンチで応援しながら
試合間での気持ちの切り替え方など
その場その場で
選手たちが「あっ」って思う
気づきに導く声かけをしてもらっています。

今回は、保護者の方の不安を取り除いてくれたり、
選手たちには練習を質を高めてるために
どんなことができるのかを確認をしてくださいました。

 

中瀬杯

中瀬杯を見学してきました!

県外から強豪校も参加してなかなか見ごたえがある試合ばかりでした!

今回、ブレス浜松の応援団長の「カトショー」さんと一緒に観戦。

二人とも関わりのある学校を中心に、
ここいいよね。
あれは取れるだろう。
こうしたらよくなるなよね。
などいろんなチームをみながら
浜松のバレーについて考えていました。

ベアーズOBも母校の応援に来ていて、
声をかけてくれました。
後輩のこと気にかけてくれて嬉しかったです。

中学だけでなく、
これからは高校も応援、観戦に
行こうと思いました!

審判伝達講習会

ヤングクラブの審判伝達講習会に参加してきました。

自分がプレイヤーだった時(30年ぐらい前)から考えたら、大きく変わってます。(笑)

バレーボールから離れていてもテレビで観てルール変更を聞くと、
「そんなのバレーボールじゃない」と思いながら観ていたので、
前回の大会でも違和感なく(選手にかなり助けられていましたが)やれたと思っています。

しかし、審判をやらなければいけないとなると話は別。
しっかり学んでおかないと、試合の妨げになってしまいます。

講習会でも、難しい場面があり、試合が中断しました。

バレーボールは流れを考えてプレイするスポーツです。
なので審判はスムーズに判断していかないと試合を壊してしまうことも。

いろんな役割の人がいて試合が成り立っていることを改めて確認した1日でした。

声の出し方

ラリー中に声を出せない選手たちに、

私「なんで声出せないの?」

選手「わからないからです?」

私「じゃ、仲間に何も要求しないだね。」

選手「…」

私「わからないなら、この場面では、この声!このポジションあんな声!って言う単語帳みたいなの作ろうよ!そしたら出せるようになるでしょ。」

選手たちはクスクス笑っています。

私「君たちのプレイのレベルはその程度なんだよ。私にとってボールを呼ぶ!仲間に指示する声は当たり前なんだけど、君たちは当たり前に思ってるけどできていない!だったら覚えるために単語帳みたいに声の出し方帳作るのは当たり前じゃない?」

選手たちは自分たちのレベルを知って少し顔つきがかわりました。

 

選手たちは自分たちのレベルが明確化できていません。
3年生になって、二年間部活をやっていたと言う程度です。
それほど実績があるわけではない選手でも二年間やってきたというのはどこかで自信になっているかもしれません。

でも、その自信を壊して行かないと次に進むことができません。
高い技術だけあっても、声が出せない選手は周りから認めてもらうことはできません。

やってきたという自信は大事ですが、
必死にやってきた選手と、
ただ参加していた選手の
二年間の差はあまりにも大きいです。

スポーツ選手は、成長するためにいろんな人の意見を素直に聞きやってみて、そこから自分で考えて自分に合っている方法を見つけていく。これができる選手がトップになれる選手だと考えます。

そのためにも自分のレベルがどこに位置し、何をすべきかを明確化してあげることを考えて指導しています。

 

選手募集中!

イベント開催のお知らせ

代表宮野が主宰している「くまの運動教室 バレーボールクラス」が
バレーボールのイベントを開催します。

ケガの予防でアップとダウンの時間はしっかりとりますが、
参加したメンバーで試合を時間の限り行なっていきます。

試合のメンバーはシャッフルすることで、
選手自身のコミュニケーション能力の向上
いろんな学校の選手の集まりなので、
今まで教わってきていない、
フォーメンションやバレーの考え方を
知ることができます。

バレーボールイベント

日にち:4月29日(月)
時間 :19時30分から21時30分
*18時30分ごろには開場します。
場所 :西区呉松町 錬成道場
*ネット高さ:2m30cm ボール:4号球
参加費:500円
申込み:メール studiozero2014@gmail.com  まで
(タイトルにバレーボールイベント参加と明記して、名前、学校、学年をお送りください。)

メンタルトレーニング記事連載

 

昨日の夜、スポパラで日刊スポーツさんの
「ジュニアアスリート応援企画」が宣伝されました!

4月から毎週金曜日に「心を整える(保護者は子どものコーチになろう!!)」と題して代表宮野が連載を開始いたします。

代表宮野はメンタルトレーナーとして、少年団や中学校の部活動、
進路に悩む高校生、子育てをしている保護者などへ講演活動しています。

 

 

 

浜松ベアーズの練習の中でも、「しつもん」を使い、
選手自身が考え自ら行動するというトレーニングをしています。

これは、選手の不安(何をしていいのかわからない、選択肢がおおすぎる)を
自ら取り除き、安心して行動することができるので迷うことがなくなると
いうことを行なっています。

選手には、多くの人の考え方に触れ、
その中で自分の意見を考えてもらいたいという想いから
宮野以外にもメンタルトレーナーの伊藤さんを
招いてメンタルトレーニングも行なっています。

img_0238-4

他では行わないサポートがある浜松ベアーズでは
新規選手を募集しています!
ご興味ある方はご連絡ください!!

2人で追いかける

スクール生たちは、どこか人に任せにしていることがあります。
それは、チームに戻れば、エースって言われる選手がいて
試合ではエースがたくさんボールを触っていることが予想できます。
もしかしたら、練習もエース中心にしているのかもしれません。

なので、任せる癖がついてしまっていると考えます。

二人でボールを追いかけて、一人がフォロー役に回る
それが瞬時にできなければいけません。

浜松ベアーズのスクールでは、エースもいなければ中心選手もいません。
というより参加している選手が全員エースであり、中心選手です。
参加選手は、そんな意識がなく、部活と同じように、もしくは遊びの
ような感じで取り組んでいるかもしれません。
ひとりひとりの意識を高めて、いろいろな気づきにつなげていきたいと
考えています。

 

img_0238-4

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう