ブログ

選手で雰囲気を作る

スタッフのひろむです。

今回の練習は前回の反省を活かしていい練習ができたと思います。

前回の練習が暗いまま終わってしまったので今回は少し不安がありましたが選手たちで雰囲気を作って明るく楽しい練習ができました。

明るくできている時は試合に負けても落ち込まずにやれているので毎回できるようになって欲しいと思ってます。

それがクリアできたらもう1つなにかを求めれるまでいきたいと思ってます。

次の練習も明るく楽しい練習ができるようにしたいです。

チャレンジしてみたら何が見えた?

ーベアーズ女子3年生(4)ー

前回に引き続き「チャレンジってどの辺りにトライするのがベストなの?」がテーマの練習日。

急遽男子メンバーとの合同練習になり、あまり乗り気ではないような、若干の緊張感を漂わせながらスタートした練習でした。

しかし、2時間後には男子と試合したい。残りの5分だけでも男子と練習したいと選手からの要望があったのです。

大きな変化ですね!何かしらのきっかけがあったのでしょう。

【より自然な形で】

練習内容は、チャレンジってどの辺りにトライするのがベストなの?の検証です。

まずは「やってみる」ところから始めましたが、チームはその先まで垣間見る事ができたのかもしれません。

やったことない事しているのですから、疑問や不安は自然に発生するんだと思うんです。

しかし、それをそのままにしておいたとしたら1人の学びで完結ですね。

フムフム…なるほど。上手く出来た。上手くできないetc…。

自分自身の頭の中で考えをまとめ、行動に移していくのはとても大事ですが

私たちには仲間・メンバーがいます。

もしかしたら、自分の疑問や不安・質問したい事は他のメンバーも一緒かもしれません。

解決する糸口は指導者だけではなく、もしかしたらメンバーが知っているかもしれません。

ひとりひとりの見ている世界や発見した事に価値があるとしたら

活用するメリットがありますね。

困った事は聞いていいんだ。不安なことは伝えていいんだと思える、

安心して表現できる場所がメンバーの関係性の中にあると思えたらいいなと私も思っています。

自分の感じたこと・考えた事を伝えるというのもストレスがかかるものです。

「言ってみる」それもチャレンジの1つですね。

私たちは残念ながら神様ではないので他者の考えている・思っている事を明確に読むことはできませんね。だから、伝え合うことは重要な役割をもっています。

親和動機(仲良くしたいってこと)が働いている今、チーム形成初期には時間をかけて取り組んだ方が効果的です。

他者の考えている事の傾向が予測できるか?否か?は関係性に大きく影響してくるからです。毎回毎回、予測不可能で顔色を伺わないといけない相手と話すのは大人でも疲れますからね。仲良くして!と言った所で仲良くなる訳ではないのは安易に想像できます。

予測できるという事は「ストレス軽減=心の資源を消費しない」なんです。とっても楽なんです。

だからこそ、今はお互いの事を知っていく時間を大切にしながら、関係性における心のチャレンジもしていきましょうね。

スタッフの伊藤でした。

重心がどこにあるのか?

週末の練習は、台風14号が近づいており

開催ができないと心配していましたが、

なんとか通り過ぎてくれたので、開催することができました。

本職は?スポーツトレーナーで体幹などを指導しているスタッフの宮野です。

何が本職なのか分からなくなってきていますが、このご時世の働き方も

さまざまなものがあってもいいのかなと思っています。

浜松ベアーズは、浜松市内の体育館を色々お借りして練習しています。

今回借りた体育館は、昨年の大雨のとき湿気で体育館が滑って

バレーどころではなかった時がありました。

今回も、台風が過ぎたあとといっても湿気が多く体育館は滑りやすい状況でした。

ここで本職としての運動解析

体幹が弱い選手は、重心移動が大きくなります。
すると、母指球で支えている部分から指先に体重がかかってしまって
支えきれずに足を滑らせ、体勢を崩して転ぶことになります。

ほとんどの選手はレシーブで足を滑らせる場面はありましたが、
一部、スパイクの時に足を滑らせる選手がいました。

その選手の特徴を見ると、ジャンプをする瞬間、他の選手よりも
膝を曲げて、下半身でジャンプしようとしていました。

「ワンテンポ入りが遅い」
「助走の力をジャンプに活かしていない」

と伝えてはいましたが、まだまだ改良が必要と思っています。

基本的には、選手に気づきを与える程度のアドバイスしかしませんが、
選手が工夫して色々挑戦してくれたら嬉しいと思っています。

失敗を次に活かして

スタッフのひろむです

今回の練習はあまりいい練習ではありませんでした。

試合の前に少し強めのことを言われテンションが落ちやる気がなくなったように感じました。

言われないようにするのが1番ですが言われてもテンションが落ちることだけはないようにしてほしいと思っています。

選手たちが上手くいってない時はスタッフが助言などして立て直しをしますが
最後は選手次第なので頑張ってほしいです。

練習の最初から遊びでの楽しい気持ちが出てきてしまい今回の結果になってしまったので練習前から気持ちを引き締めて
練習に望んでもらいたいです。

今回の失敗から次の練習が
どのように変わるか楽しみです。

可能性を覗いてみない?

ーベアーズ女子3年生の第3回目の練習日ー

先日、グラフィックレコード(視覚的に理解する手法)講座を覗いたら、想像してたより面白い事に気がついてしまった、スタッフのなおです。

私が好きなフレーズは沢山あるのですが、今日はその中の1つを紹介しますね。うん、そうだな!と背中を押してもらった、大切にしているパワーワードです。

ーー昨日までの私を今日ちょっとだけ越えてみない?ーー

3年生のメンバーにも今回の練習では求めました。

私たちの可能性を覗きにいってみよう!と。

まずはフォーメーションを変えてみるところから選手たちは始めていましたね。そして中学の部活でちょっと練習したことあるスキルも試みていたように感じました。

この、選手たちの選んだ行為そのものに注目してみると「やる気」=「達成動機」にどんな傾向があり、どんな時に高まりやすいのかを知ることができます。

ひとりひとりに向けるアプローチが変わってくるのです。目の前で起きた事実は色々なことを教えてくれますね。

例えば「失敗したくない」と強く思っていた場合は、超ローリスク課題や超ハイリスク課題を選ぶ傾向があります。絶対に失敗しないか、失敗しても課題が難しいから誰からも責められません。

しかしながら、チャレンジを求める側もメンバー同士も得意なこと、不得意なことは皆違うのだから自然に考えればチャレンジレベルの強要や、その評価もできないはずなんです。

それでも「自己成長スパイラル」に軌道があるのならば、そこに乗っておきたいですよね。

2時間の練習でしたが、選手たちには

ちょっとの失敗リスクがある、ちょっとドキドキ。手を伸ばせば届きそうなくらい。努力すれば出来る。と思える感じのところを選んでみるのをお勧めしてみました。

今まではドキドキしてたことも、積み重ねることで普通になる。安心して取り組める状態やできることの範囲を内側から押し広げることを繰り返し丁寧に進めていきたいですね。

ーー昨日までの私を今日ちょっとだけ越えてみない?ーー

想いを揃える

練習の様子を撮っていたし、一度見たのに

うたた寝をして起きたら動画がなくなって泣いていてる

スタッフの宮野です。

男子チームはU19を相手に土日練習と練習試合を行いました。

ベアーズ男子チームは、基本技術、基本システムは

練習で確認し合いますが、試合の時は

選手の組み合わせや攻撃パターンなど、

選手に任せています。

二日間のメンバーとポジションなどを見ていると

私の思っている組み合わせと違うことが多いです。

毎年12月の大会では、ほぼこの形が一致して

大会でも成長をしていくチームが出来上がってきます。

まれに、選手からこの場面は〇〇ここにしたい、

今はこのポジションは固定でという話や

次のセットのローテーいじってもいいですか?

など、選手同士で話し合って、伝えてくる選手がいます。

私の想像を超えてきていると受け取り

その意見を採用して試合に臨んでいきます。

今期の選手たちも、一人に頼るのではなく、

そんな話をしてチームを作っていってほしいと思っています。

試行錯誤はぐっと進む前の合図

ーベアーズ女子3年生の第2回目の練習日ー

メンバー全員が顔を合わせることができ、さてさてこれから彼女たちの辿り着きたいところまで伴走するぞ!といったところです。

じゃ、どこへ向かおうか?そんな言葉がぴったりな気がします。

試合形式の練習ひとつであっても

ポジションを決めていく時間が彼女たちには必要ですね。

それはまさに試行錯誤。

ーーしこう‐さくご【試行錯誤】ーー

新しい状況や問題に直面して解決する見通しが立たない場合、いろいろ試みては失敗を繰り返すうちに、偶然成功した反応が次第に確立されていく過程。(広辞苑より抜粋)

考えてやってみたけど、しっくりこない…。

この時間、すごく大事です。

やりたいこと(頭)と実際のプレー(体)にギャップがあるから、モヤモヤするんですよね。これは本人たちが一番感じてるんですよ。あれ?上手くいかないと…。そこで始めて、仮説がたつ訳です。こうしたらいいかな?と。

で、あればもう一回やってみる!という経験が必要だと思うんですよね。

やってみよう!と思ったことに「そうじゃなくて!」なんて言われたら、私なら一気にやる気低下です。結局、考えたってやらせてもらえないなら考えることを止めた方が楽ですから。

焦らずに選手たちの心模様を想像すること、話し合う、考える、やってみる環境づくりを大切にしたいですね。

相手を思いやる

スタッフのひろむです。

U14女子二年生チームは

今、1つのテーマを持って練習しています。
「相手を思いやる」ことです。

まだまだ意識してできていないことですが
無意識にできるようになるまでやっていこうと思っています。

練習メニューはテーマに沿うような練習ですが
練習一つ一つに裏テーマがあります。


それは彼女たちにはあえて伝えないようにして
自然に裏テーマに繋がるように考えています。


色々と直したりしなければいけないとこが
沢山ありますが徐々にと思っています。


技術面や精神面の伸び代が沢山あるので
すごく楽しみです。


今期よろしくお願いします!

難しい技術に挑戦

バレーボールはボールが持てないスポーツなので、

それぞれの技術はとても難しいと考えています。

その中でも、ブロックはかなり難易度が高い技術だと思っています。

だからこそ、習得してもらえると、今後のディフェンスがかなり計算が

できて、オフェンスへの切り返しができると考えています。

ある高校の先生と話したときに

「ブロックは空間認知能力だから、毎日やっていかないと、

空間認知能力がない選手はなかなか習得できないんだよね」と。

トスの予測と、アタッカーの入り、アタッカーの癖など

トスの上がるコンマ何秒の時間にいろんなこと考えます。

さらには、飛びながらアタッカーとのコースの駆け引きも。

もしかしたら、指導を諦めている指導者もいるのかもしれません。

なので、選手たちの様子を見ていると、

なんとなくアタッカーの前に飛んでいるだけでした。

最近少しずつ大きな選手や3年生が入ってきているので、

9月10月ぐらいを目処にブロックを見直していきたいと思っています。

モチベーションと練習

2年生チームは、8月の大会がキャンセルとなり

まん延防止や緊急事態宣言と選手の参加が減っている中

部活の大会も延期の話も、選手たちのモチベーションはどこにあるのか?

そんな中、もっと練習できませんか?との連絡も。

選手には毎回トレーニングノートを書いてもらっていますが、

書き始めた時は、ゲームをたくさんやりたい!

から今は、種目ごとの練習がしたいとの書き込みが多くなっています。

ゲームを見ていると、やらなければいけないことができない

どこか集中力がないように感じます。

こなすだけの練習になっているのかなと思っています。

基礎練習はあくまでも基礎。

ゲームでこうやりたいって思っているなら、ゲームでやってみればいいと思います。

しかし、思い通りにボールが来る回数が少ないから種目練習をと言っているのかどうなのか?

でも、試合のための練習であり、より実践した練習がゲーム形式の練習。

テーマを持ってゲーム形式に参加すれば、そこには工夫が生まれると持っています。

もう少し選手の様子を見て、行動が変わらないようなら

練習内容の大きな変化をさせていこうと考えています。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう