OGとの練習試合

最近、OBやOGからちょくちょく連絡をもらえるのが嬉しく、
彼ら、彼女たちのために何ができるのか考える時間が増えてきています。

そんな中、ガールズチームのOGが揃って練習にきてくれました。

彼女たちのミスを恐れず、そして常に笑いながらプレイできる姿は本当にすごいと思います。
側から見れば、ふざけ過ぎって思われる人がいるかもしれませんが、どんな場面でも笑いながらできるのは本当に強いと思います。でも、彼女たちの高校での部活ではやってないでしょうけどね。

さて2期生は

試合形式の練習は、毎回やっています。しかし、いつも違う相手になると、雰囲気が少し変わります。

今回中体連の兼ね合いもあり、いつも練習している2チームでチームが組めなかったので、

ポジションなど役割が変わってくる選手も出てきます。

すると、少し前の状態に戻り、ローテーションがわからないでコート内で迷子になる選手が。

スタッフ間で仲間に興味を持つためにどうしたらいいか?
って話を繰り返ししてきましたが、彼女たちは残念ながらここ数ヶ月、
自分が何をしなければいけないのか?で一杯一杯になっていたようです。

多少の失敗や学校とは違うから間違えることがあって当然と思って指導しているので、
ベアーズではそれを否定しません。

言っても「そこおかしかったよね」ぐらいです。

気持ちに余裕になくなれば、顔もおわばり、普段のパフォーマンスができなくなります。

そのためにも先輩たちのように、笑ってプレイしてほしいと感じた試合でした。

OGの皆さん高校での練習が大変な中集まってくれてありがとう!
また来てください!!

変化を感じた練習

少し静かな練習になったので選手を集めて
「先輩はぎゃーぎゃーうるさかったよね。笑
でもその声に刺激を受けてみんな走って、
悔しがってとやっていたから最後の試合もすごかったんでしょ。
そしてそのバレーが楽しかったんでしょ。
ここは部活じゃないよ!
そして、スポーツは楽しくやるもの!
はじめに言ったよね。
あなたたちはその楽しいバレーをもう知ってるはず!」
と静かで、笑わない選手たちに注意をした宮野です。

普通なら、「真面目にやってるいいチーム」なんでしょう。
今期になってから入った選手に、1期からいた選手が
「ね、笑っていいんだよ。真面目すぎ!」
とささやいていたのが印象的でした。笑

今回の練習には、アローズカップで女子の監督をしてくれた伊藤さんが来てくれました。
伊藤さんは、大会後から全国を飛び回って仕事しています。

4月も半ばを過ぎ、静岡に帰ってきたという連絡をいただき、
忙しい中お願いして練習にきてもらいました。

練習後、新スタッフの磯部くんを交えてチーム様子観察して、
変化に気がつき、これからどういう方向が彼女たちのためになるのか
を練習後、話し合いました。。

先に述べた場面もありましたが、伊藤さんから見た今のベアーズ女子は、
先輩たちが抜けて、選手たちが大きく変化していると見えていたようでした。

新スタッフの磯部くんは、あの選手がそんなに変わったの?なんて感想も。

バレーボールは仲間がいなければ成り立たないスポーツです。
チームが試合に出る時は人数にもよりますが、2チーム作り1セットづつ試合にでます。
このことを経験した選手は、まだうまくプレイができない選手に練習からフォローしていました。
少し前なら自分ができれば満足といった感じでした。
できない選手がいれば自分が満足できないからフォローして教えてあげるこんなことができるようになったのではと考えています。

ベアーズは今期、男子も女子も今年初めて引き継がれるということが起こっています。

先輩たちの良いところは多いに引き継ぎ、自分たちらしさを作ることがチーム成長と選手の成長と考えています。

比べるわけではありませんが、今いる選手が、楽しいと思えるバレーとは何か?を選手と一緒に探していきたいと思います。

リベンジマッチ

ユニフォーム変換式を行ったにもかかわらず、
翌日にユニフォームを来ての試合(笑)

お正月の初打ちにやった、男子3年生対女子3年生の試合をもう一度やりたい!
と女子から話があり、急遽リベンジマッチが行われました。

せっかくやるならユニフォームでというに!

男子の容赦ないスパイクやブロックにめげずに立ち向かう女子。

どんな試合でも、自分たちを出すチームになったんだなと感心しました。

男子もネットが低いこともありましたが、いろんなコンビプレイを
見せてくれて、本当に楽しそうでした。

容赦ない時間差攻撃

ラストセットは32対30といつまでもこのメンバーでバレーをしていたい!?
と思わせるようにプレイをしていたのか、どうかは分かりませんが、

ゲーム終了後のラスト3本も何度も繰り返しながら、

楽しくバレーができたと思います。

卒業も引退もないチームだからこその区切りの後の企画。

高校の練習が始まっている選手もいますが、

時間があったらぜひ練習に遊びに来てください!!

ー大会を終えて(女子編)ー

昨年秋、結成したベアーズ女子
練習日数は20日ぐらいでしょうか。
部活で換算すると
新チームが出来て1ヶ月程度だね。

代表の宮野さんの印象的な言葉で
私たちの状況を改めて確認しながら
当日の朝を迎えました。

目標にしていたアローズカップ
結果は3位
おめでとう!!

しかし結果に対し
悔しさを言葉にした選手たちから
内側にある熱さがあふれていました。

何よりも
ベアーズ女子チームは魅力的です。
見ている人までも巻き込む力をもっています。
グループではなく間違いなく
チームになったと感じました。

息を切らして呼吸を整えるのが
精一杯のタイム

どれほど、そこに力を注いでいたかは
一目瞭然でした。

「勝ったけど、満足できない」と
予選を終えて一同が感じた感覚は
私たちに「こだわること」を教えてくれました。

「おさえてー」の掛け声は
ユーモアたっぷりの愛でした。
そんな言葉が行き交う関係性って最高ですよね。
力むメンバーへ伝えたい言葉だったのでしょう。

勝ちたい試合の中でも
チャレンジを忘れません。
やってみたいコンビプレー、ジャンプサーブ
トライを躊躇する選手に
やってみよ!チャレンジー!と声援。

コートの中でしか、わからないこと
コートの外からしか、わからないことを
短時間で伝え合うシーンは
チームを立体的に見る力が身に付いてた証。

メンバーは作戦会議したいとばかりに
言葉が次々に出てきます。
休憩時間もプレーについて
話し合っていましたよ。

私は少し遠くからそんな姿を
心地よく見守っている、この構図って最高ですよね。

「次のセットのメンバーを変えたいです」
選手からのお願いもありました。
私の役目はチームに全力で伴走することだと
思ってますからね、もちろん🆗です。

やりたいことを実現するには
ほんの小さなことから始まるんだと思います。
言ってみるって大事ですよね。
案外、簡単に叶っちゃったりします!

私がこのメンバーと一緒に育みたかったことが
こんな形で見ることが出来るなんて感動的でした。
本当にありがとう!!

ミスした時は過去を捨てて、新しい自分になるんだよ。
過去は後からいくらでも拾いに行けばいい。
(会場に着いてから、私から伝えたメッセージです)

「受動的から能動的に」

こんにちは
スタッフの伊藤です。

週末の大会で3年生は
卒団を迎えます。

先日の練習試合で
メンバーの色合いが見え
この場所に私もいることが
出来て良かったなと思った
印象的なシーンがありましたので
紹介しますね。

チームの
練習時間は週末に2時間ですから
プレーするチャンスは貴重。

それはどの学年のメンバーにも言えます。

「受動的から能動的に」

そんな状況の中
1年生だけで構成したメンバーで
試合に挑みたい!と声があがりました。

控えめな印象があった1年生からの
こうした声は嬉しいですね。

一度、ブレイクスルーを起こすと
練習内容もこんなことしたいよね!?
と姿勢が変わり始めました。

やりたいことを言葉にしてみるのは
簡単そうで難しいですからね。

私がスタッフでいる意味は
実現まで少しのサポートで
追いつくのが大変なくらいが
ちょうど良い!

そんな風に感じています。

「3年生が大切にした公平」

さて、1年生だけのメンバーで

挑戦したいとなると

3年生はプレー出来ない訳です。

大会に向けて練習したいのが

正直なところでしょう。

次のセット、どうしようか?と

声かけすると

3年だけでやる!と言った後に

少しの「間」をもって

皆、同じように

ここにいるのだから

1年生だけのチームで

いいよー!と。

1つ前のセットは3年生だけで

挑んでましたから

不公平さに違和感を感じたのだと

思います。

チームの色合いが温かい

そんな風に私には見えました。

集団は知性があることを

ご存知でしょうか?

彼女たちが育んだと断言できる瞬間に

立ち会えて私は嬉しかったです。

「ありがとうは本気でぶつかること」

とうとう、最後の練習が終わる時

1年生から3年生へ試合の申し出。

お互いに手を抜かないプレーを見て

改めてスポーツの良さを感じました。

勝敗があり、ポテンシャルの高い方が勝つ

シンプルさと醍醐味が

ぎゅーっと詰め込まれた時間に

私の胸の奥の方が捕まれました。

もっと一緒に

ありがとう

楽しいね

言葉にはしてませんが

十分に詰め込んだ表現だったんじゃないかなと

感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

このメンバーに明日も会いたいか?

ーーーーーーーーーーーーーーーー

私がチームの成長度合いをはかる目安にしている

考え方の1つですが

少なくとも私はそう思っています。

集団の中にいる個人ひとりひとりが

何をしたいか把握できてくると

そうした感情が生まれてきやすく

スキルアップだけではなく

お互いを知ることや

言葉を交わすことは大切ですね。

いよいよ、週末の大会が近づいてきました。

程よい緊張感を感じつつ、皆と楽しんできたいと思います。

お散歩でアウトプット

こんにちは
今年の夏は星空を撮影しようと
山小屋の予約をしようとしたら
すでにキャンセル待ちという事実に
若干焦ってる伊藤です。

ーお散歩でアウトプットー

ベアーズ女子チームは
アクティブ・ラーニング(能動的)形式を
取り入れています。

学習定着率を上げる方法として
注目されていますし
様々なところで見たり聞いたりする
キーワードかもしれませんね。

とっても簡単に説明すると
見たり聞いたりすることよりも
話したり体験したりすることの方が
学習したことを定着させやすい
という考え方です。

例えば「アボカド」の美味しさを
食べたことがない人に伝えるとしましょう。

アボカドって
健康や美容に効果的で
手に乗るぐらいのサイズ。
真ん中に種があって、緑色をしているの。
味や香りはあまりしないけど
クリーミーだよ。
と説明したとしましょう。

美味しさ、伝わりました??

まぁ、伝わらないですよね…
聞くだけではわからないんです。
(私は大好きなんですがうまく説明できません)

であれば
一度食べてもらう方が早いし
「どうだった??」と聞けば
その人が感じたことや
その人にとっての価値が初めて見えてくるわけです。

だからこそ

やってみる➡️どうだった?
が重要ですね。

繰り返す度に、段階的に
学びの奥行きや広さが変わってくると
考えています。

中には、自分の考えや思いを
伝えることが苦手な人もいます。

今回は「やってみる!(チームでチャレンジ)」に
手応えを感じている選手が
多かったので
話す機会を充実しておいた方がよさそうでした。

見えたこと、感じたこと、考えたことを
言葉にして出すためには
リラックス出来る状態を作る
環境づくりもポイントですね。

私が怖い顔で睨んでいたら
選手たちは萎縮して
言いたいことも言えないですから
コートをぐるっと
お散歩しながらペアでアウトプットです。

その場で話し合うのも
じっくりと向き合えていいのですが

あえて

いつものスタイルを変えてみるのもオススメです。

私からの「やってみてどうだった?」に
答えを出していく選手たちに
変化を感じた1日でした!!

正解かどうかは誰もわからない

星空撮影を早くしたくて
月暦を凝視しているスタッフの伊藤です。

大会まで残すところ
あと数回の練習となりました。

心のストレッチも慣れてきたのか
最初の頃に比べて私からのしつもんにも
答え、伝え合うシーンが多くなった気がします。

目指すところは1つ
監督の話だけではなく自分たちで

「何が起きていたのか?」
「それはどういった事なのか?」
「じゃあ、どうする?」

と話し合いたい!!と感情が動くことです。

チーム自体が生命体のように成長していき
元々持っている本能が湧き出てくるといいなと思っています。

ー正解かどうかは誰もわからないが大前提ー

1+1=2

決まった答えは教科書が教えてくれます。
私たち大人もそうでしたね。
クラスは仲が良い方かいい。
小さい頃から、皆教わっていますね。

じゃあ、

進路に悩む友人へ何と言う?
どうして楽しいの?
大切な人を笑顔にする方法は?
自分にとって価値のあるものは何?

どの人にも当てはまる正解がないものは
向き合う時が出来たときに
力になると思います。

だからこそ

悩みや課題がある人の方が成長チャンスはあると言えるでしょう。
スキルが低い・高いはチャンスと関係ありませんね。
目の前の課題に気づき、向き合えているか?の方が重要です。
これは集団においても同じ事が言えるのではないでしょうか?

昨日の練習ではチームの課題にも目を向け
いつもとは違った選手たちの厳しさが垣間見えた時間となりました。
どうか、選手1人1人が達成感や満足感を味わえる
大会になりますように。

「私たちはどうなりたいんだろう?」

こんにちは
体脂肪率を下げることに
夢中になっている
スタッフのなおです。

前回の練習から
ベアーズ女子メンバーは
チームオリジナルの「規範づくり」に
取り組んでいます。

※規範とは要約すると守る決まりごとやルールのこと
チームコンセプトとは違います。

規範は
当事者以外がつくるものでも
ないと私は考えています。

そもそも
考える力は選手に備わっていると
言った方が正しいかもしれませんね。

「私たちはどうなりたいんだろう?」

を実現させる為に
大切にしたい考えを全員で
共通認識をもって
まとめていく作業です。

チームの熟成度合いによって
出てくる言葉も変わりますし
活動域の深さによっても
学びの深さも比例して
深くなっていきます。

これから、どんなことを
メンバーが大切にしていきたいと
感じていくのか
とても楽しみですね。

ーーーーーー
大変印象的なシーンがあり
学びの深さは定着に関係していますので
ご紹介しますね。

2つのチームに分けて
試合形式の練習をした時です。
一方は大会出場時と同じメンバー構成(☆チーム)
一方はお休みの選手もいる、尚且つ

体験で初参加の選手がいるメンバー構成です。(★チーム)
明らかに、前者のチーム(☆)の方が
名前もわかっていて
馴染んだやり方で取り組めますから
プレーもしやすいですね。

後者のチーム(★)は自己紹介&
ポジションの確認からスタートです。
1試合目
☆大差で勝利
←ここで、あるトレーニングを★チームに実施

2試合目
★勝利

3試合目
☆接戦で勝利

★チームは3試合目で接戦になること
2試合目に勝利するとは思っていなかったように
私からは見えました。

大切にしたいことの項目に
「最初の挨拶(勝つイメージ)」と
最後に加えられていました。

勝つイメージをメンバー全体が持つことが
不利な状況さえも覆していくと
感じたのかもしれません。

ーーーーーー
「私たちはどうなりたいんだろう?」
ーーーーーー

を、体現しておく
表現しておくことで
動きが変化していきます。

脳の働きを活用した
このトレーニングは
効率も良くなることが
わかっていますから
是非取り入れたいものです。

未来と今を結んでいきましょう!

練習メニューにスパイスを!

こんにちは

選手からバレンタインギフトをもらって
ニンマリしながら
もうホワイトデーのことを考え始めている
スタッフのなおです

ーーーーーーーーーーーーー
練習メニューにスパイスを!
ーーーーーーーーーーーーー

トス、レシーブパスの練習風景を見ていた時のことです。
「オッケーオッケー」
「もう少し前~」
「パチパチ(手を叩く音)」
前向きな姿勢、言葉が
3.4名の選手から
ポツポツと聞こえてきました。
プラスに働く可能性のある事は
出来れば全体で共有して取り入れたいですよね!

じゃあ、どんな環境を用意することができるだろうか?
(ここは考えますね…)



そこで用意した
課題は制限時間内に
①ボールは落下してはならない
②落下したらポジションを変える
③落下したら記録はリセット
練習メニューが遊びのよう…

しかし、いざやってみると
先程と同じ事をしているのに
全体の雰囲気は締まってきます。
不思議ですね。

声も出てくるようになり
「ごめん」「ありがとー」「カバーカバー」と
聞こえてきました。

・積極的に動く(カバー) 
・声を出して雰囲気を作る 
・名前を呼ぶ 
・先読みして移動などの行動にも変化が見られます。

選手たちは
・落とさないようにした
・名前を呼ぶようにした
・声が出てる
・皆で1つに向かった感じがする
と感じとったようです。

心と身体で覚えると
次の活動でも繋げやすいですし
意識の違いが質にも影響してくること
がわかります。

練習の1つ1つがプツプツと切れる
よりは転換を繰り返し
週2時間という練習を
丁寧に積み上げていきたいですね。

ちなみに私は、よく

この○○、身体にいいから
毎日食べなさいと
家族からアドバイスされるのですが
食べないですね…。
「ふーん、そうなんだ、ありがとう」程度です。

自分自身が「これ良い!!」と思えた時
続けてみようかなと思えるわけですが
みなさんはいかがですか?

世の中に溢れる良いとされる事を
実際に実践していますか?

知っているのと、やったことがあるのでは
全然違うんですよね。

要は何が言いたいかと言うと
いかに実感してもらえるか?が
KEYなのです。

人は変化していきます、必ず。
信じましょう、選手たちは有能です。
表面的なことだけが、変化ではありませんから。

目の前にいる人が何を大切にしているか?

浜松ベアーズ女子のスタッフ
なお(伊藤直子)です

女子チームの大会出場に向けて
選手と共に進んでいけるよう
私も努めて参ります

よろしくお願いします

バレーボール競技未経験の
私に出来ることは
メンタル面へのアプローチや
チームビルディングですが

選手から見たら今は
だれ?この人?状態です

まずは、
言葉が届くようになるまで
心のウォームアップ!
十分に馴染んでから
そのあたりは取り組んで
いきたいと思います

とはいえ
私も選手のことがわかりません
名前と顔を確認している最中です

「わからない時は、私も
名前なんだっけ?って聞くから
教えてくれたら嬉しい
皆もわからない時には
お互いに聞けたらいいね」

そんな言葉でスタートした
練習でした

今後は練習で行った
メンタルトレーニングや変化を
発信していきますね

ーーーーーーーー
目の前にいる人が
何を大切にしているか?
ーーーーーーーー

相手のことがわかっていないと
どんなトレーニングをしても
不協和音が生まれる気がしています

例えば
現在、足を細くしたいと願ってダイエット中の
私自身のことです

トレーナーが
筋トレメニューを提供してくれるのですが
上半身プログラムばっかりなんですよね
プロですから、信じてやっていけば
足は痩せるのだと思いますが
一向に足は細くなりません

なんだか納得できないんですよね
・そうじゃないのに…(不満)
・わかってくれてないなー…(不信)
・これって効果あるの?…(疑い)

受け側の私は
良い状態とは言えませんね

自分の事を知っていてくれていると感じられると
安心できるってこともあると思います

だからこそ
意思的側面に目を向けることを
伝える側に立った時は特に意識的にしています

・どんなことを大切にしようとしてるのだろうか?
・どう在りたいと思っているのだろうか?

一度立ち止まり
目の前にいる人という存在を
大きく捉えることが求められると感じています

選手の皆さんとは
感じていることを素直に伝え合える
そんな関係性を目指して
いきたいと思っています!!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう