U14女子3年 伝えやすさと受け取りやすさは違う

コロナウイルスの感染拡大ニュースに毎日ドキドキしているスタッフの伊藤です。
今、3年生チームは情報共有していくことを大切にしています。
上手くいくコツを発見したら、皆の財産にしていきたいですね。

1つのプレーを切り取って考えてみても
内容の理解度はそれぞれです。

理解している人から教わる場面で重要なのは
伝えやすい方法と
受け取りやすい方法の2次元で考えてみることだと私は考えています。

伝えるにしても
身体を動かしながら/順を追って話す/相手の動きを見ながら
など、伝えやすい方法は多く

同様に受け取る方法も
実際に身体を動かしながら/観察してから/言葉の説明で/図に示して
など理解するために優位なやり方も様々です。

必要以上の情報は
「そんなこと、もう知ってるし」
「口うるさい人だな」と嫌悪感を抱かせてしまっているかもしれません。

情報が極端に少ないと
「かわからないよ」
「つまらない時間だな」
と達成したい気持ちを削いでしまうかもしれません。

しかし、このまま
その人物のパーソナリティが
上手くいく、いかないに繋がっていると結論付けてしてしまうと
ピタッと合う人としか良好な関係を築けないことになってしまいますよね。

だからこそ
「状況によって対応を変えましょう」
という考え方は重要です。
相手を理解するには
その人がどんな状況なのか?や課題状況を考えなくてはなりません。

複雑な山道のように、どこに行ったらいいかわからない人には
「こうやって進むんだよ!」とやり方を伝えた方が前に進めます。

一本道のように進み方はわかっているんだけど、長い道のりの時は
モチベーションが下がりやすく精神的に疲れます。
だから「一緒に進んでいこう!」とやる気を高めていく方が前に進めますよね。

私たち3年生チームも
色々なやり方を模索しながら、前に進んでいきましょうね!

U14女子3年 「私も頑張る!あなたも頑張れ!」

3年生チームの活動も残すとろこ10回程度となりました。
これからのシーズンは受験へ力を注ぐ選手も、もちろんいます。

限られた時間の中で
今、頑張って向き合いたいことってあるのだと思います。
3月の大会まで少し離れるけれどまた会おう!!
と、これからの事を見通した練習日でした。

1年前ぐらいでしょうか
私がケイビング(洞窟探検)した時のことです。
光のない世界は大きな岩や、深い川、急な斜面、潜らないと通過できないルートを手足の感覚や仲間の声・小さなライトを頼りに進んでいくのです。

私には仲間を助ける余裕なんてありませんでした。
仲間の為にもケガしない!
自分の安全は自分で確保する!そんな時間だった気がします。
ひとりがケガをしたらケイビングは中断、脱出がミッションに変わるのです。
しかも予定時刻までに目的地まで到達しなくてはなりませんでした。
前日の雨量が多く、洞窟内の水量が増していたのです。
ルートを閉ざされたら遭難ですよね。

緊張感のあるその時間は

ただ、「ここは深い、気を付けて」「こっちのルートは進みやすい」と情報を渡すぐらいしか出来なかったんです。

得た情報は、他の仲間も知っていることで
当然知っているでしょ?と何も伝えない選択もできるかもしれません。
しかし、そのやりとりに安心するのです。
仲間が存在することを認識できるということはとても重要でした。

目的地はとても素晴らしい景観で、持ち込んだクッキーも格別に美味しかったですがケイビングを終えて仲間と話すことは目的地までの出来事ばかりです。
自分自身も仲間も誇らしく思えたのを覚えています。

練習に参加していない時もメンバーの存在を感じられるような関わりは私たちに出来ることかもしれませんね。

まさに「私も頑張る!あなたも頑張れ!」です。

これからの時期が皆にとって誇らしい時間になったら
素敵だなと思ったスタッフ伊藤でした

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

お正月休み、代表宮野の中学時代の一つ上の世代のレギュラーが集まって飲みながら昔話を

今回6人中5人が集まったんですが、実は宮野以外にベアーズの選手と関わりがある人が2人いたことにびっくり!

昔話から未来のバレーボール全体ののこと、浜松のバレーの未来についてなど、いくつになってもバレーに熱い人たちとの話は尽きませんでした。

ベアーズは、こう言ったつながりで、表立って出てきていない多くの大人のサポートをいただき運営が成り立っています。本当に感謝しております。

そして初打ち!

恒例のようになりつつあるカミナリが落ちました。笑

そのせいでスタートこそもたつきましたが、OGの協力もあり、楽しくプレイしていたと思っています。

三年生は残り数回の練習と受験勉強と大変な時期になりますが、3月の大会で今までバレーをしてきて最高だったと思えるように練習をしっかり取り組んでいきましょう!

二年生も数名トレセンにいく選手もいます。多くの情報を得て自分たちの成長に繋げて行く時期です。

選手それぞれが思い描くベアーズらしく楽しんでバレーをやっていきましょう!!

U14女子2年 さらなる向上を目指して

スタッフのひろむです。

今年最後の練習となりました。
大会の振り返りをしていきました。
印象に残っているプレーやあの時こうすればよかったなどを聞いたらいつも以上にたくさん出ました。話し合いなどでもどんどん意見を言えるようになってきたので自分たちで考えて色んなことができるようなったと思います。

今回の大会で2部に昇格にしたので、さらに技術の向上をしなければかなり厳しいと思います。
年が明けたら残り10回くらいしかないので、残り少ない中で大会でできたとこを伸ばしながら
できなかったとこや新しく挑戦することをやっていけたら良いと思ってます。
1番やらないといけないのは自分たちが崩れた時にどこまで勝負できるかどうかだと思っています。
なのでスパイクでのコースの打ちわけだったり相手の嫌がるとこに落とせるかで変わってくると思うので普段から意識してやってもらいたいと思います。
今まで通用していたことが通用しなかったときにどうやって対応していくことが大切になっていくのでその時に自分たちが1番強みにしていることでいくのかまたは、普段はやらない別の方法でいくのかそこの判断をどうするのか選手たちの発想力と新たな成長に繋がると思います。
今回の大会でも面白い発想だなと思ったので
次の大会でも出てくるといいなと思っています。

体調不良で休んでいる選手も居るので体調管理をしっかりして来年も頑張ってほしいです。

U14女子3年 行きたいところへたどり着けそう?

楽しみにしていた大会を終えた
今年最後の練習は
失敗を恐れる心から解放されたのか
スキル中心の練習も
見ているこちらに楽しいんだ!と
伝わってくるような時間になっていましたね。

交わす言葉も随分とフラットになり
挑戦してみよっかなと思えたのか
サーブ練習で各自が1ランクUPに取り組んでいました。
本当はやってみたかった事だったのだとしたら
今まで、チームの為に出来る事を選んでいたのかもしれません。

これは想像の域を超えませんが

選手に羽があるのだとしたら
大きく羽ばたきたくなるのはとても自然なことで
飛ばないのは苦しいだろうなと感じるのです。

皆同じ、ロボットの様な選手じゃつまらない
血の巡りの良い、個性があるから惹きつけられるそんなチームになれたらいいなと思っています。

これから、どのくらい
3年生チームで活動するのかと言うと
わずか3ヶ月、練習日数にすると10日です。

私たちは
どんな良いところがあって
何を乗り越えていったら良いのか
何を手に入れたいのか
大会での経験からKEYとなるワードを
書き出してみました。

そのKEYをクリアにしていくと
たどり着きたいところへ行けそうなのかな?と
イメージしてみましたが!
どうやら、たどり着けなさそう…

私たちが見つめる必要があるものは別にある。
そんな事に気が付けていたら、いいんじゃないかなと思っていたスタッフ伊藤です。

U14女子2年 大会の振り返り

スタッフのひろむです。

静岡の風に出場しました。
大会の結果は3部準優勝でした。

緊張していると思っていましたが朝から元気で普段よりもテンションが高いように感じました。
アップの時からしっかり動いて自分たちの雰囲気をつくれていて出だしはかなりいい感じに進んでいるなと思いました。
試合が始まると最初から自分たちの雰囲気で試合を進めいくことができ1試合目からかなりいい試合をすることができ選手たちの自信に繋がったと思います。
どの試合も相手チームに自分たちの色を出して萎縮することなく伸び伸びやることができたと思っています。
常にテンションがMAXな状況だったので最後にバテないか不安でしたが少しの空き時間でも休憩したり時間を上手く使えていたのでコンディションを整えることがきちんとできてました。
ですが、常にテンションが高いので相手が連続得点したり自分たちのミスが多いとバタバタと崩れてしまって立て直すのに時間がかかってしまうことがありました。
そうなる前にタイムアウトを取ったりして落ち着かせることは多少なりとはできますが何回でもできるわけではないので選手たち自身でもコントロールできるようにしたいと思いました。
テンションが高いのがチームの色だと思っているのでそこを消さないようにして相手に流れがあったとしても雰囲気を落とさないようにしたいです。
今回の大会では、選手たちから色んな意見をもらって自分のなかになかった考え方だったりを提案してくれたので自分自身も選手たちも新たな発見をすることができた大会になったと思います。

U14女子3年 大会の振り返り

ベアーズ女子3年生チームの初エントリー大会「静岡の風」

待ちに待っていた大会は2部リーグ準優勝!
おめでとう!!

バレーボールというスポーツをあまり知らない私は
彼女たちが決勝トーナメントで初めてやるフォーメーションを選択したことに痺れましたね。

なんと言っても、
自分たちに対して期待出来ているところが3年生チーム、素敵なんです。
わずか4ヵ月前の結成ですが、今日までに積み重ねた
私たちの大事にしたいことは実現できていましたね。

準優勝という結果よりも次回の大会で1部リーグに昇格できたことが嬉しそうなメンバーです。その理由は強い相手と試合が出来ることが楽しいから!尽きるそうで、試合に出たい、勝ちたい、ボールに触りたいと言葉に欲求が乗ってきたのも大きな変化です。

相手の雰囲気にのまれないように、軌道修正を意識しながらプレーし、切羽詰まった場面でも、やってみたい攻撃もチャレンジしていましたね。
いくつか用意していたフォーメンションで、私には無理かも…と言えた選手がいました。
弱さを出せるって大切なことです。
それじゃなくて、こっちの方がいいよ!と意見が言えるのも、その意見に耳を傾けることが出来るのも彼女たちの強味なんだと思うんです。

コートへお辞儀をして入っていく場面で、ふと
ポジティブでしかない言動はたくましく、格好良ささえ感じさせてくれるチームだなと彼女たちを見ていて思った瞬間が忘れられません。

今回の大会では斬新なアイデアも誕生したり、選手のやりたいこと全て叶えられるように寄り添いたいと強く感じた一日でした。

これからの練習、何からはじめようか?
練習メニューも彼女たちと一緒に考えられたら最高ですよね。
ちょっと先の未来が垣間見れてワクワクしているスタッフ伊藤でした。

U14女子2年 大会に向けて

スタッフのひろむです。

コネクトさんと練習試合をしました。

前から課題としていた自分たちの雰囲気をつくる
流れに乗ることを意識してやっていきました。

1セット目や2セット目の中盤まではかなり集中して自分たちの雰囲気をつくっていき、自分たちが連続得点をすると流れに乗ることができていたと思います。普段だったら失点をすると雰囲気が落ちるのが失点をしても雰囲気を落とさず保つことができていました。ですが終盤になると集中力が切れてきたのと相手の連続得点があってバタバタと崩れてしまうことがありました。

スタッフ側もはやめにタイムアウトを取るべきだったと大会へ向けての反省点が出ました。

たくさん試合を重ねていくと疲れや集中が続かないことが出てくるので空き時間にしっかりと休憩することが大切になってくると思います。
最終セットは接戦のなか勝つことができたので
大会前にかなりいい状態で終わることができたと思います。

大会では、周りのチーム数も多いですし手の内を知らないチームとやることになるので対応しないといけませんいつも以上に緊張もして上手くプレーができなくなることもあります。
そうなる前からしっかり自分たちで雰囲気をつくって他のチームに押し負けないようにしていきたいです。

大会当日はかなり寒いと思うので寒くないようにしっかり厚着をして会場に着く前から気持ちをつくって来てもらってアップから自分たちの雰囲気をつくって汗をかくぐらい動いて万全な状態で試合にはいってもらいです。

U14女子3年 ポテンシャルを上げる

コネクトさんと練習試合

練習試合をすると、チームの性格がよく見える気がしています。
練習前、3年生チームはコネクトさんが気になってしょうがない様子でした。
相手のことが気になるのは「人の目」があるからだ!とも言われとても自然なのですが
その「人の目」は色々な意識を敏感にし、緊張に繋がることがあります。

ポテンシャルを下げやすい条件として
・初めてやる課題
・練習不足
・調整不足
の時には特にネガティブに働きやすくなってしまうのです。

人は想像した未来に反応し、行動を起こしているのかもしれないなと
選手たちを見ていると感じるのです。
勝手に想像して対応しようとすれば初めてがいっぱいになってしまいます。

人がいるだけで心持ちが変わってしまうんですね。
これは優勢反応というもので、もともと持っている癖(性格)が表れてしまうどうしようもない現象なのです。

ではよい癖を出し
ポテンシャルをあげるにはどうしたらいいのか?という話になるのですが
・いつも通り
・練習は十分
であることです。

相手や環境が変わろうとも
「いつも通りの私たち」であることが大切になってきますね。
想像は想像の域を超えないのかもしれません。

何が起きるかはわからないのだから
その時にどう向き合うかを大事にできたら
きっともっと面白くなると私は思います。

さて、来週末はベアーズ女子3年生チームで挑む
初めての大会です。
味わいつくしてきましょうね!

スタッフ伊藤でした。

U14女子2年 確認作業

スタッフのひろむです。

1日試合をしていたなかで気になるとこがあったので確認しました。

緩いボールなのに間に落ちてしまうことや前衛の選手が後ろまで取りに行きすぎてしまうので後衛の選手になにができるのかをやりました。

緩いボールが間に落ちてしまうのは選手たちの動き方の違いや考え方の違いがあったのでチームで確認をしました。

前衛の選手が後ろまで取りに行きすぎてしまうのは前衛の選手には打たせたいよねと伝えると後衛の選手が後ろから声出して取りに行くことをするようになりました。

このふたつの事を踏まえて男子にゲームをしてもらいました。

1日ゲームをしていてかなり調子がよかったのでサーブやスパイクがかなり決まっていました。

レシーブでも間に落ちたり前衛の選手が取りに行きすぎることもなかったので確認したことがしっかりとできていたのでよかったと思います。

1日試合をしていたなかで選手たちで自分たちが上手くいく上がり方やなにがきっかけで雰囲気がよくなったなど気づくことのできた1日になったと思います。

12日のコネクトさんとの練習試合でも同じように雰囲気を作って上手く上がっていればかなり自信になると思います。

そのためには前回からのアップから自分たちの雰囲気を作っていきいい状態で試合に入れることが大切になってくると思います。

練習試合でできるようになれば大会でも上手くできると思っているのでしっかりとやっていきたいと思います。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう