リーダー

リーダー=キャプテンというイメージがあるかと思います。
今回のブログでは影響力のある選手という意味で読んでください。

バレーボールではくまの運動教室(男子)、ブレス浜松(女子)を指導しています。
メンタルトレーニングでは、保護者や指導者、学生は小中高と指導しています。
その中で、会の主催者ではないリーダーが必ずいます。

リーダーの影響は大きく、
良い流れを作ってくれる時もあれば、
悪い流れを生み出すこともあります。

良い流れを作ってくれている時は何にも問題ありませんが、
悪い流れを作る時、
例えば話をこちらが全体に向けて話をしている時に隣の人と話をしてしまう。とか、
順番待ちの時に話に夢中になり、流れを止めてします。などです。
一人でやっているのであれば別にいいのですが、周りに迷惑をかけてしまいます。
大人も子ども(選手)も自分がリーダーだ!という自覚していないので、
迷惑をかけていると思っていないことがあります。

先日ブレス浜松の藤原監督とリーダーと影響力について話をしました。

多くの選手を見てきている藤原監督ですが、
社会人のチームでもあってもそういう選手がいることを教えてくれました。

自覚がないのはなぜだろう?
なんで、彼らは人を巻き込むのか?などなど
お互いに考えながら話をしていました。

藤原監督がチームづくりで意識しているのことの一つに「ペップトーク」があります。
(私自身もペップトークの勉強していて、ペップトークという共通点があったから今一緒に指導できています。)
その中に承認欲求について学ぶところがあります。

実は、こういった行動をとる人は、
どこかで承認されたいという気持ちが強いのではないか?

誰かと比較されてきたり、
常に否定されてきたり、
いろんな環境が仏雑に絡み合い
「認めて欲しい」という欲求が
知らず知らずに、仲間が話を聞いてくれるから
一生懸命話をしてしまう。
だから、教えてくれる人よりも今の自分の環境が大切
となるのではと。(それだけではないかもしれませんけど)

チームを作る上での心構えや、周りの人の協力が
いかに大事かを確認しました。

広告

考える、気づく

header_20180625_WB_yaruki*12月2日に子どものやる気を引き出すしつもんメンタルトレーニングを開催します。

 

ブレス浜松のスクール練習前に、藤原監督としつもんについて話をしました。

藤原監督はペップトーク講演でできるペップトークスピーカーです。
いろんなチームの監督さんと交流がある藤原監督は、
「〇〇チームの監督さんの考え方面白いよね。」
「きつい言葉使う指導者もまだまだ多いよね。」
とジュニア世代の選手や指導者のことを気にかけてくれています。

最後に「ペップトークとしつもんで選手のことを引き出されたら最高ですよね。なかなかタイミングあわないですが、僕にも教えてくださいね。」
なんて会話しながら練習にはいりました。

まだまだ、自分が関わるスクールで「教える」ということを多くしていまいますが、
少しづつ「考える」「気づく」に変化させていきたと思っています。

これから関わる選手たちには、お互いに「しつもん」し合って
お互いに「考え、気づく」そんな選手の育成をしていきたいと思っています。

 

Jリーグの育成コーチが保護者から言われたという時の会話です。
保護者から
「もっと厳しく指導してください。」
「もっと教えてください。」
コーチは
「選手はプロを目指しているんですよね?
プロになれる選手ってどんな選手だと思いますか?
言われてから練習する選手がプロでやっていけると思いますか?」
と言ったそうです。

バレーボールではプロというのがいまいち明確になっていないと思いますが、
トップ選手を育てることが、このチームの目標でもあるので、しつもんをしながら選手と向き合っていきたいと思っています。

 

チーム説明会を行います

開催日
①11月24日(土)10:00から11:00
②11月24日(土)19:30から20:30
③12月 1日(土)18:00から19:00
④12月 2日(日)10:00から11:00
⑤12月 9日(日)10:00から11:00

会場
studioZERO
浜松市北区細江町気賀1677

申し込み↓↓↓こちら↓↓↓から
体験バナー

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう