選手たちの気づき

スパイク練習の時に、
順番待ちをしている選手にコースを指示してもらい、
コース打ちをする練習をしました。

まだまだ技術的未熟なので、
打ち込むことはできませんが、
言われたコースに打つために
集中力が増していたように感じました。

終わりのゲームでも、
「仲間がスパイクを打つときは必ず指示をする」
という特別ルールを入れて行いました。

すると、コース打ちの指示だけなく
他のプレイでも指示がだせつなぎがとてもよくなりました。

練習後、選手たちに今日の気づきは何か聞くと
ほとんどの選手が「声」についてあげていました。

今回の練習では、それほど意識して「声」について言ったつもりはありません。
特別ルールはスパイク練習の延長のつもりでした。
しかし、選手たちはスパイク練習を応用して変化させてくれました。
その結果が、ゲームでの「声」となり、プレイがつながる。
だから楽しいゲームになったと思います。

楽しいゲームを経験したからこそ「声」の大切さに気づけたのではないかと
思います。

浜松ベアーズでも、選手たちの気づきを大切にした練習を行なっていきます。

ベアーズ募集

広告

目指すチームとは

選手時代よく「声を出せ!」「喋れ!」と怒られました。

プレイ中、仲間に指示をしなければぶつかったり、お見合いしたり、コンビミスになります。自分は声を出しているつもりでも、仲間は動いてくれないことが多くありました。

すると監督から「自分の思いを喋って、相手が行動してくれて初めて伝わった!ことになる。お前のは叫んでいるだけだ!」と怒られました。

いろんなチームを見学しています。
するとレベルに応じて声の出し方違います。

パスの練習ではこんなチームがありました。
チームで揃えてるかけ声
決まった言葉
仲間の名前をいう声
次の指示をする声
など、

1年生などは、声出し練習って必要ないと思っていましたが、
大きな声を出せる選手が少ないのでボール拾いをしながら、
声を出すことは必要な練習かもしれません。

声が出せるようになったら、
どんな必要なのか考えといいかもしれません。

名前を呼ぶこと
自分で取ることをアピールすること
仲間に指示をだすこと

いろんな声があると思います。

私たちが目指すチームは、

各学校のリーダー的存在の選手育成です。
なので、このような「声」についても
いろいろなことを考えて
プレイできる選手、チームです。

チーム員募集!

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。
hamamatsubears@gmail.com

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう