意識

土曜日男子のみの練習
翌日日曜日は高校生やクラブチームと練習試合を行いました。

対戦してくださったチームは、数年かけてみんなでやりたいバレーの共有されて

いて、すばらしいチームでした。

ベアーズの上級生たちはだんだん共有することができてきていますが、

下級生たちはまだ部活の延長なのかなって感じました。

高校の先生との雑談で

声を出さないのは負ける言い訳を作っていて本気で勝とうとしてないんだよね

と言われたのがとても印象深かったです。

3期生としての練習もあとわずかになってきました。

どこで変化がおきるか?

私になにができるか?

もう一度考えます。

2日間の練習を終えて

昨年は3日続けての練習がありましたが、
今期は2日続けての練習日が何度かあります。

1日目は「らしさ」って何かを選手に問いかけ、
2日目は追い込む?テンションを上げる?ことを意識してみました。

2日目の練習はガールズ練習会と一緒に開催。
ほとんどを選手に任せて練習を行いましたが、
いつも以上に選手たちから声が出て、
いつも以上に選手どうしで追い込んでいたように見えました。

2日間で大きな変化を感じた練習会となりました。

来週は夜練習して、翌日午前中練習試合とハードな2日間となります。

年末の大会に向けて練習から盛り上がりを求めていきます!

主役になれ

ソミック石川さんにお願いして、練習試合をしていただきました。

受験の関係で、チームを抜ける者、しばらく休む者が出てきています。
これは仕方ないことで、今いるメンバーでどう戦うかを、
選手たちと一緒に考えていこうと思っています。

しかし、選手たちはどこか誰かがやってくれるだろうという意識があるようです。

スパイク練習では、自分が気持ちよく打つために練習をしています。
そこで、選手を集め、
「次回の大会はこのメンバーでやるんだよ!自分の気持ちいいことばかりやっていて勝負ができると思う?」と問いました。

今までレシーブに専念していた選手もスパイクをしたり、セッターをしなければいけません。

選手への負担が大きくなりますが、バレーボールの能力をあげていくにはとてもいい機会です。当然、順応できる選手、順応できない選手がでてきます。

試合中、今まではミスをして「おい!」と言って終わっていた、コミュニケーションも、

自分たちが勝つために、どうやって動くことチームためになるのかを考えともに話し合いが自然とできていました。

自分が主役となり動くことがチームのためであり勝ちに近づけます。
一人一人がその意識を持ち、ぶつかり合いながら最善の選択をして進んでいければと考えています。

 

チームは1から作り直しをしています。
大会は1日で多くの試合を行います。
一緒に戦ってくれる選手募集しています!
ご興味のある方はご連絡ください!!

意識を変えろ

少し人数が増えました!

人数が増えると遊びの要素が増えてきます!

スポーツはそもそも遊び

だから、それでいいのです。

しかし、相手との勝負になっていないのがとても残念。

相手の前に、自分に負けてしまう。

途中であきらめたり、あと一歩が動かなかったり、もう少し手の角度変えていれば、そんなプレイばかりでした。

人数が少ないうちにしっかりと見直そう!

そんな練習会でした。

練習はほぼ毎週土曜日19時から21時で行なっています。

12月、3月の試合に向けて今期のチームはそろそろ本格的に始動となります!

中学三年生の皆さんぜひご参加ください!!

刺激

同じチームで、選抜で、トレセンで戦い成長してきた仲間が
全日本中学選抜の選手としてオーストラリア遠征に参加しています。

選手たちも当然情報入っていますし、動画も見ているようで、
練習でも話題になっています。

スパイク練習の時に
こちらが少し課題をだすと、
「あいつはこんなトス打ってた」
「この高さ、スピードだったぜ」

彼を意識しながらの言葉がでてきます。

そんな選手が身近にいることが刺激となり、
この時期の選手たちのモチベーションにつながっていることは間違いないです。

 

何が違うのか?

くまの運動教室バレーボールクラスで、
通常行うであろう練習の順番を変えてやってみました。

通常だと

アップ
キャッチボール
ミート
パス
レシーブ
スパイク
ゲーム

みたいな流れが一般的かな?

基本的に対人でのパス練習はあまりやらないですけど、
アップのあと、パス練習を兼ねてミニゲームをしました。

すると、いつもより指示の声がでていました。

その流れで、レシーブ練習に入りましたが、
ここでもいつも以上に声が出ているように感じました。

しかし、スパイク練習やゲーム形式という流れでは
どんどん声がなくなってきてしまいしまた。

終わったあとに選手に、
「今日はよく声がでてたね。でも終わりのゲームはそんなに声がなかったかな。最初のゲームと終わりにやったゲームでは何が違う?」
と聞くと首を傾げていました。
違いがわからないと、修正ができません。
常にできる時とできない時の違いを選手には考えて欲しいと思っています。
・点数がついて緊張
・サーブから始まる
・スパイクがある
などなど違いがあります。

小さなことでも気づき修正していくことが大切だと思います。
浜松ベアーズでも、常に気づく、考えることを選手に意識してもらい自分自身で修正できるそんな選手になれるようコーチングしていきます。

体験バナー

開催日
①11月24日(土)10:00から11:00
②11月24日(土)19:30から20:30
③12月 1日(土)18:00から19:00
④12月 2日(日)10:00から11:00
⑤12月 9日(日)10:00から11:00

会場
studioZERO
浜松市北区細江町気賀1677

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう