エッジを考える

ベアーズは定期的にメンタルとレーナさんを招いて、考えて練習して、振り返ってということを行なっています。
今回も男子チームのベンチスタッフとしても協力いただいている伊藤さんにお願いしてメンタルトレーニング。

今回のテーマは

「成長するためにエッジを考える」

この話を聞いて↓こんなことを想像しながら、安心があるか?不安の中一歩を進めるか?

そんな妄想しながら選手たちの様子を観察していました。笑

成長するためにギリギリのラインに立たないといけない。
そこから一歩踏み出すためにはどうしたらいいのか?

エッジに立つ際のルールを教えてもらい

自分はエッジに立てているのか?を練習ごとに考えてもらい。

仲間とやるスポーツなので
踏み出せない仲間は踏み出している仲間をどう思い
踏み出している仲間は踏み出せない仲間にどう接するか?


ベアーズはいろんな人に来てもらっています。
その中でメンタル系の人たちがくる練習は雰囲気が変わります。
わかりやす選手たちですが、継続し、そして人として大きく成長するきっかけになればと考えています。

午前中、サッカー少年団にバレーボールの指導をしてきました。


その時サッカーコーチから選手に
「上手くいかなかったことがたくさんあったよね?でも楽しかったんじゃない?
それはやってみようって楽しんでいたらから。
サッカーでも上手くいかないことがたくさんあるけど、今日の経験を忘れないで生かしていこう!」

「エッジに立つ」と言うと言葉は漫画のように少し怖いイメージを持ちますが、
楽しいから、もっと上手くなりたいから挑戦することは常にやっていることだと思っています。
しかし、グループになるとみんなに合わせて立ち止まる選択をすることがあります。

その時にどんな行動を取るか?

そこで成長の差が生まれてくると思います。
ベアーズに所属する期間が短い選手で3ヶ月や長い選手で2年と様々ですが、
立ち止まらず成長し続けてほしいと考えています。

強化練習会

静岡の風という大会が新型コロナウィルスの影響で中止とりました。

色々な人が協力をしてくださって、西部地区で強化練習会が開催されました。

大会をベンチから選手たちを見ていると

「応援されること」「応援すること」を部活で禁止されてきた選手たちは

表現が下手なのかなって思いました。

それでも、仲間たちとどう成長していくか?

メンタルトレーナーさんにコーチとして入ってもらい

セットごとや、試合ごとに確認をしながら戦いました。

最終戦では、今年のベアーズの目指す形が見えつつ、

今後の課題も出てきました。

準備してくださったみなさん本当にありがとうございました!

浜松ベアーズ男子チームの年内の活動はこれで終わります。

年末年始勉強しながら、

これから自分たちがやりたいプレイを考えてもらって、

来年集まってきて欲しいと思っています。

女子チームは27日が年内最後の練習になります。

変化

高校生相手に練習試合をしてきました。

前回の社会人との練習試合は、社会人選手が楽しい雰囲気を作ってくれて、向かってくる中学生を盛り上げてくれていいプレイがたくさんありました。

しかし、高校生は笑いながらやることもなく、高校生も先輩の意地的な部分で勝負をしてくれました。

するとおとなしいベアーズの選手はどこか動きの鈍さが出て練習や前回の試合のような動きはできませんでした。

終わって解散後、数名が集まってバレーの話をしていました。

いつもなら携帯で動画みながら笑っていた彼が変わって来たと思えた瞬間です。

日頃から「勝ちたいと私は思っている。だけどやるのは君たちだ!だから多少ふざけていても手を抜いていても指摘はするけどそれを変えようとはしない。なぜならプレイするのは君たちだから。そして私が君たちに合わせる。」と言っています。

昨年の今頃も、選手から「練習前いつから体育館使えますか?」ってきかれたことがありました。

「早く集まってコンビやフォーメーション確認したいです。」と言ってから集まれる選手は早く集まるようになっていきました。

今年もその兆しがでてきました。

あと4回の練習で大会を迎えます。

この期間でどれだけ変化していくかとてもたのしみです。

第2回 オンライン勉強会

緊急事態宣言が解除された静岡県

スポーツ施設で言うと18日からグランドはつけるようになるとかですが、
残念ながら室内運動施設はもう少し様子をみると言うことで

もう1週間体育館が使えません。

 

そんな中先週からはじめたオンラインでの勉強会。

今回は
「なんでバレーボールをしているのか?」
「どんな選手になりたいか?」
をテーマに考えてもらいました。

ファシリテーターとしてしつもんメンタルトレーニングの鈴木貴子さんを迎えていろんなことを聞き出していただきました。

その中で印象に残った選手の言葉は
「今まで何も考えないで学校に行き、部活をしてきました。
でも、今は時間の使い方が自分にあり、全ての行動を自分で考えないといけないと感じています。」です。

当たり前が当たり前でなくなったことで、自由の難しさを感じる。
休校期間に素晴らしい学びができるのかと思っています。

この学びを活かすことで今後に大きく成長するヒントになるのかなと思っています。

 

 

新メンバー

私学の入試を終え、ひと段落!
久しぶりに全員揃っての練習となりました。

そして、新しいメンバーが加入!!

中学にバレー部ない、経験もない、でもバレーボールがやりたい!
と連絡をいただき、今回参加!

中学3年生で、今からやるのは不安があると思います。
そこを一歩踏み出して入ってくる行動は、素晴らしい!

そして、こういった選手がいることに大変うれしく思います。

確か全日本にも高校デビューの選手もいたと思います。

浜松の選手の多くは中学からバレーボールをスタートしている選手がほとんどです。
(といっても実際にやっている期間は1年半ぐらいじゃないでしょうか?)
1年半の差は大きかもしれませんが、他で培った経験や体験も大きな財産になります。
その経験を使い、考えて行動すればすぐにこの差はうまるでしょう。

 

仲間たちと共に成長を楽しんでもらいたいと思います。

成長と役割の変化

先日、ソミック石川との練習試合の様子がアップできました。
YouTubeからご覧ください。またチャンネル登録もお願いします。

初めての対戦した時とメンバーが若干違いますが、全く歯が立たなかった相手。
決めることができないながら、つなぐことができるようになり、長いラリーを繰り返すことができています。

やっと基礎的な部分がチームとして出来上がってきたと思います。

 

オフェンスに関しては、背が高い低いに限らず全員で行って欲しいのですが、
まだまだ意識がないようです。

基礎ができてくれば、選手たちにの役割が変わってきます。
戸惑いもあるかもしれませんが進まないといけないし、
どんどん変化(成長)してほしいと思います。

受験があるのでバレーボールに専念できませんが、
少しづつ攻撃への意識を植え付け、大会までに完成させたいと思います。

 

数ヶ月で大きく変われ、成長する選手たち。
今回もきっと大きく成長してくれると信じています。

 

優しさ

今回もメンタルトレーナーの伊藤さんにお越しいただき、考えながらのバレーボールをしました。

「仲間の成長を促すために何が必要か?」
伊藤さんかんらの課題です。

選手の答えは「優しさ」と「厳しさ」に別れました。

シートレシーブでは打球が強くなり、コースが厳しくなりました。

するとミスレシーブで悔しがり、次を要求する選手がでてきました。

そこで、選手に「次を要求することや、ごめんとジャスチャーすることはまだボールが落ちていないのに仲間に対して優しいプレイか?」と聞くと選手同士で顔を見合わせていました。

フォローしてくれる選手は必死に走ります。なので返球も難しくなるでしょう。
それであれば、ミスをした選手が少しでも仲間のがんばりをつなげるために更にフォローに走り近くによっていくことが大事だと思います。

ミスしたことを考えるのではなく、次の行動を考えるそれが優しさではないかを学んでもらった練習会でした。

大きな経験をした後

新年あけましておめでとうございます。

 

年末の大会で選手たちは大きく変わりました!

そして今年はじめての練習では、正月休みと勉強のストレス?
練習開始前から汗をかいて身体を動かしていました。

練習も今までは届かなかったボールに届き拾い
小さいながらもコーチングの声も聞こえてきました。

大会での経験が選手たちに自信を与えてくれました。

しかし、自信の方向が間違っていくと過信となって成長の妨げになります。
成長をさせてくれた大会の気持ち、感覚をを忘れないように練習を組んできたいと思っています。

 

 

IMG_0238

浜松ベアーズでは選手を募集しています。
大会に参加する選手、練習参加のみの練習生、中学3から1年生の男子バレーボーラーを募集しています。
参加希望者はこちらをクリックしてください。

プチ合宿

「選手から自主練がしたい!」
「もっとみんなとコミュニケーションをとらないと」

と言う声が上がったとか保護者から連絡がありました。

そこで、会場を探してお昼から体育館を開放しました!

持ち物のには勉強道具も加えられプチ合宿状態!

勉強やって、バレーやって、勉強やって、卓球?やって、ゲーム?してといろんなことを自主的にやっていました。

img_5296

そして練習前にはみんなで晩ご飯を食べてと本当に合宿状態!

お手伝いしてくださった保護者の方々ありがとうございます。

 

違う学校から集まってきて数ヶ月。
伝統がなく、チームの意思が引き継ぎ行われないチームですが、

OBが来てくれて
合宿ができて

選手だけでなく、浜松ベアーズというチームが大きく成長していると思います。

 

 

チーム練習がメイン練習となってきて来週は練習試合です。

前回はチーム練習をほとんどなしでやりました。
今回はある程度形ができ、選手の意思疎通が少しずつできつつあります。

大会に向けて何ができて、何ができないかをしっかり確認したいと思います。

 

新しいメンバー加入

春に一度練習参加した選手が、夏の大会を終えテストもひと段落したということで、
チームに加わりました。

一般のネットではやってないと言うものの、定期的に練習していたんだろうなと感じでしっかりと動けていました。

先週から新しい選手が続けて来てくれています。

テストや家の事情でなかなか揃いませんが、
今年のベアーズでの戦い方をしっかりと伝えて、
選手と共に挑戦、成長していきたいと思っています。

 

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう