練習試合の様子

先日行った練習試合の様子をやっとUPできました。

動画いつもワンポイント分を切り取ってUPしています。

https://www.youtube.com/channel/UCEYirY5UteDZ-u8KP9oA3qA

こちらをご覧ください。よかったらチャンネル登録もお願いします。

改めて見直すとドタバタしておりますが、前回の練習では少しスムーズになった気がしています。

今何ができるか考えいきましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

YouTubeをUPすると少し前に頂いたDMを思い出します。

SNSなど使っているので、いろいろ言いやすい環境あり、いいことも悪いことも言われます。

しかし、それは注目されているから!

ありがたく受け止めて(受け入れなくていい)、自分たちが今どうなのか、そしてより良くするためにどうすればいいかだけを考える。

結局ベアーズでバレーしてくれる選手のためにやってて、共有できる時間は限られてるからこそSNS使っう。周りのためじゃないんだなぁと改めて思いました。

練習試合

ソミック石川バレー部様の協力があり、
新城からAMさんをお招きして3チームで練習試合をおこないました。

 

普段、人数の関係でゲーム形式ができていないので、
約束事がどこまで通用するのか?
選手たちの理解度など確認しました。

約束事守られない場面
失点への考え方
練習では伝え合うことができるのに、ゲームになると人に頼ってしまう。
突発的に言われると対応できない
消極的になる。

など、多くの課題がでてきたとことを大変嬉しく思います。

大会までの残り数回、どうやって修正していくか。

とてもワクワクしています!!

動画は少しずつYouTubeにアップしていきます。

今回ブレス浜松応援企画!

でブレス浜松のホームアリーナであるサーラグリーンアリーナを使用させていただきました!

開幕2連勝と素晴らしいスタートを切ったブレス浜松をみんなで応援しましょう!!

players book

選手たちに「共通言語」という意味でPlayers bookを作って配りました。
人数が少なくてまともなゲーム形式ができない。
週1回の練習しかしていない。
これは言い訳!

バレーボールを通して、このチームを通して、
いろんなことを考えて欲しいと思っています。

 

ある方が、「バレーボールは年代ごとや学校ごとに違うバレーボールをしていて、育成になっていない」と言う話をしていました。

選手たちは
「ハイキュー!!」
「神様のバレー」
など漫画から最新のバレーボールを学んでいます。

しかし、指導者は自分たちがやっていた時のバレーから抜け出せずにいることが多いです。
そして勝つために一人のエースにボールを集めるといったバレーボール(昔の全日本もそうでした)になってしまっています。

そんなことを知らない選手はバレーってこんな感じかと納得していましたが、今の選手や情報量があれば、なんでやらないんだろう?ってなってしまいます。
できるできないは別として、そこに向かうための取り組む「姿勢」は大事ではないでしょうか?

このplayers bookにはそんなことも書かれています。

 

下級生とバレー

先日の練習が、台風で中止になった分を、くまの運動教室バレーボールクラスに選手たちが数名参加してくれました。

バレーボールクラスは2m30cmのネットで4号球を使用
参加者は小学校6年生から中学2年生が参加しています。

2m43cmのネットに慣れてきているので、スパイクはかなり強めに打ち込むことができていました。

練習では下級生とやるということで少し力を抜いている感じも見受けれました。
そこで、
「相手のためにならないから真剣に打ち込もう!」
「ぶつけてかわいそうだと思うなら、少し横を狙ってしっかり打ち込もう!」
「そのコントロールが今後に繋がる!」
と少しゲキを飛ばしながらミニゲームを行いました。

バレーボールクラスの終わりは、参加者がそれぞれ振り返りを喋ってもらいます。
選手たちは少し度惑いながら、今回の練習で学んだことを後輩たちに伝えてくれました。

感情をコントロールしよう!

なぜ声を出すのか?

それは感情をコントロールするためです。

自分の発した言葉が耳から入り、脳に伝わることで、身体に指令がいき行動することができます。

今回の練習では、メンタルトレーナーさんが2人も来てくださいました。

そこで指摘を受けたのは「声」についてです。

そしてしっかりと解説や実際に体験をさせてくれました。

指摘を受けてからはプレイの質が変わってきました。声を出したことで身体が行動を起こしやすいなったのではと思います。

やっとメンバーが集まり出したところなので、まだまだコミュニケーションは難しいと思います。

でも部活と違って、限られた時間で週一回しか練習ができません。

効率よく練習をするためにいろいろ工夫をしていきます!!


浜松ベアーズでは、メンタルトレーナーの協力いただき、定期的に選手のサポートしていただいています。

メンタルトレーナーが合同練習会で無料講座を開催してくださいます!

詳しくはこちらをご覧ください!!

ちゃんと皆 強いからな

レセプションとセットを練習。

アタッカー陣がお休みでしっかりと合わせるまでは行きませんでしたが、
私がやりたいコンセントをセッターと確認。

「どう?できそう?」

「こっちの方が僕はやりやすかも」

「アタッカー陣できると思う?」

「えっ、うちのアタッカー陣能力高くないですか?だから大丈夫ですよ!」

なかなか選手が集まって全体練習ができていない中で、
こう言う会話ができることがとてもうれしく思います。

 

7A697A13-4181-41F4-AC57-ED9E8E68AC40

場所を狙う

人ではなく、場所を狙う
場所をどう守るか?

練習ではマーカーを置いて、コートを9分割しています。

選手たちに聞くと、とにかくボールのところに走れ!
と教わってきているようです。

その反応力、対応力があるので、レシーブではちょっと余裕があるようです。

サーブやブロックでもどのコースを抑えて狙わせるか?
だんだん浸透させていきます。

合同練習会

部活の自由化になり、入部希望者が1名、2名とか、
先生がなかなか指導できないなど

チームを立ち上げて見えてきたことがいくつかありました。

 

そこで、代表宮野が発起人となり、バレーボールを学び育った選手たちに声をかけ
浜松のバレーボールをもう一つ盛り上げようと合同練習会を開催しました。

img_4582

今回浜松市内の学校5名から40名の選手たちが集まってくれました。
1人で参加した選手もいますし、2年生は練習試合で1年生のみが参加した学校。
練習をうまく調整してくださり、全員参加してくれた学校と色々でした。

 

アップ後、初心者、アタッカー、レシーバー、セッターに別れてのポジション別練習と
学校、学年関係なくチームを組んで試合を行いました。

 

 

最後はスタッフも選手も関係なく、お互いに感謝、そして成長させてくれる仲間ということで
一つの輪になって挨拶をしました。

次回合同練習会は
10月12日(土)引佐総合体育館となります。

お申込みはこちらから
e38193e381a1e38289e3818be38289

 

協力:ブレス浜松ジュニアスクール、SALA、ソミック石川バレーボール部

メンタルトレーニング

メンタルトレーニングの仲間に来ていただき、メンタルトレーニングをしてもらいました!

このチーム1番の特徴は、私自身もメンタルコーチとして活動しています。

メンタルトレーニングの仲間にメンタルコーチとして招いて、問題解決をして大会に向けて、自分たちのなりたい姿のために考えるという練習があること。

ボールを使ったり、フォーメーションを確認したりも大切ですが、人としてどう成長するか?

学校ではない、部活と違う、スポーツからの学びを活かして欲しいと思っています。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう