練習試合

今回も新たなメンバーが入り、そしてスタッフも加入とチームとして形がだんだんできてきました。

社会人チームとの練習試合ということで、中学3年生は全員参加となりました。

 

今までの練習会では、おとなしい印象の選手たちが自分の中学の時そんな喜んでた?って
思うぐらい、ちょっとはしゃぎ気味にバレーボールを体全身で楽しさを爆発させていました。

そんなの中、セットが終わるたびに
・うまくいったことは?
・できなかったことは?
を選手同士で考えてもらいスタッフに伝えたあと
次どうしたらいいか?などをさらに考え次のセットに
向かってもらいました。

できなかったことは
・コミュニケーション
・盛り上がり
・レセプション
などが挙がっていました。

しかし、うまくいったことは試合の結果によってはでてこないときがありました。

 うまく行っていることを知ることはチーム強みになります。そして、「このポイント勝てる」と考えることで選手の自信になっていきます。選手自身が強みをわからないままプレイしているから、何をしていいのかわからないという状況になります。

なので、うまくいくプレイを常に考えプレイしてもらいたいと考えています。

広告

合同練習での気づき

先週に引き続き社会人チームの練習に参加しました。
人数が揃わなかったので、今回は練習に混ぜてもらいました。

社会人の人たちは簡単にボールを処理するのはなぜか?

・次のプレイを複数予想している
・捨てるコースがある
・相手を観察している
・動きやすスタートポジションをとる
・仲間とのバランスをとる

特に仲間とのバランスは、
レシーブの位置どりの違いが大きく感じました。
中学生の動きをみながら社会人選手は、
自分がフォローできる位置に入ってくれていました。
中学生には、そんな動きができなくて、
社会人選手がそこまでしていることを知ってもらえたら
考え方がかわってるくのかと思います。

浜松ベアーズでは
常に考える。そして選択肢をたくさん用意しておく。
そのために、いろいろしつもんしていきながら
選手の選択肢増やす指導をしていきます。

ベアーズ募集

協力チーム

浜松ベアーズは、多くの方の応援されています。

選手たちの大先輩になる社会人チーム方々からも気にかけてもらっています。
できれば、定期的に練習試合をお願いしようと思っています。
社会人チームのキャプテンから
「少しでも選手の成長のお手伝いができたら」といってもらっています。

今回はくまの運動教室バレーボールクラスの選手と中3クラスの選手が合同で
チームを作って練習試合をさせてもらいました。

はじめて顔を合わせる選手もいるなか3年生を中心に、
なんとかバレーボールができたかなと思います。

相手のキャプテンから
「全然やれるね。あと個人ではプレイ後の行動、チームはコンビができたらね。またやりましょう」と声をかけてもらいました。

このような社会人チームの協力があることで、
チームとしての練習ができると思います。

本当に感謝しております!

くまの運動教室では、ほとんどチームとしての指導をしておりません。
浜松ベアーズでは、個人の練習日とチームとしての練習日を設けて
練習をしていきます。
(個人練習はくまの運動教室バレーボールクラスと合同練習となります)
浜松ではヤングチームがありません。なので、浜松での練習試合は社会人の6人制や9人制をやっているチームにお願いしてやっていこうと考えております。

 

選手の募集しております!
お気軽にご相談ください。

チーム参加希望は下のバナーをクリックしてください。

ベアーズ募集

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう