チャレンジ

人数が少なかったので、普段やらないことへの
チャレンジをテーマに練習をおこないました!

サーブの椅子当てでは時間を決めて、2箇所当てようとチャレンジ
5本当てる選手、2本目がなかなか当たらない選手、
時間ギリギリで当てた選手と技術の高さを感じました。

今回一番のチャレンジは、全員がセッターを経験してクイックをあげること。
アタッカー陣が四苦八苦しながらトスを調整していました。
打ったことない、あげたことないと言いながら、
数本いい当たりがでました。

↑↑↑レセプションからのオフェンス。(セッターはミドルブロッカーが挑戦)

一番盛り上がったのはブロック勝負!
1対1と1対2でアタッカーとブロッカーとの勝負
ラストの声をかけてももう1本、もう1回となかなか終わらない。
「もう無理!」と言いながらも「レフト」ってアタッカーが呼ぶと
またブロックにとんでといろんなコースや打ち方をチャレンジして
楽しみました。

最後に、
「U-19ってカテゴリーがあるけど、部活が許されるなら出るか?」と聞きました。
「誰がいますか?」と選手が聞いてきました。
「このチーム自体が君たちが1期生なんだから誰もいないよ!」というと
「また、みんなで集まってやろうよ!おれすごくなってるから!」
「おれ違う意味でかわってるかも」と選手たちの言葉から
彼らはこのチームでの戦いが本当に楽しく思い切りバレーができたのかなって
感じることができました。

チームの練習は毎週予定しています。
すでに高校に帯同している選手もいますし、
遠征に参加している選手もいます。

それぞれの道に進みますが、
いつでも遊びに来れる場所、
そしてまたチームが組めるように
準備していこうと思いました!

広告

選手同士で

練習メニューは、これをしょう、あれをやろうと
内容を言うだけで、あとは選手に任せます。

だんだんやり方が浸透してきたのか、
自分たちで厳しいコースを打ち、
拾えれなければもう一度ボールを要求して
自分たちで追い込んでいきます。

スパイク練習では、
ブロックをつけますが、
アタッカーとブロッカーで
毎回勝負をしています。

チーム形式でも、
アタッカーとレシーバーの勝負をしています。

練習から常に勝負を心がけることは
試合へとつながっていき大事なことです。

久しぶり参加した選手のタイミング悪ければ、
確認して教える場面も出てきて、
チームになってきたんだなと感じました!

来週の社会人チームとの練習試合がとても楽しみです。

img_0238-1

確認作業

久しぶり参加した選手
始めて参加した選手
練習生として参加した選手
と前回よりも多くの選手が練習に参加してくれました。

チームは全員が出場することを考えてチーム作りをしているので、
参加予定者はポジションでどんどん入れ替わりながら練習をしています。

選手が変わってもボールの落ちる位置はそんなに変わりません。
全員で集まり、どう対応していくのかを話し合い、練習をしていきます。

やっとプレイ間で、話し合いができてきたのではないかと思っています。
ときおり、私の方を見る選手もいますが、常に「みんなで決めて」と言ってきてました。
「自分たちのチームであり、自分たちが考えてチームを作る」が、できつつあるかと思っています。

初参加の選手に感想を聞くと
「自分の中学では考えたことのないフォーメンションがいくもあって、大変だった」
と教えてくれました。
同じポジションに入る仲間に教わりながら確認をしていました。

 

 

 

 

 

成長するために

メンタルトレーナーの直子さんが、急遽練習に参加してくれました。

直子さんはバレーボール経験がないので、チーム状況を客観的にしてくれます。

練習をするということは、
試合でできなかった部分があり、
それを克服するための練習でなければいけないと思っています。

 

しかし、ボールを追うことに必死になると課題のことを忘れてしますこともあります。

そこで直子さんの提案で練習の途中に確認の時間を作り、

★課題をクリアできた
★課題は意識していた
★課題のことを忘れていた

この三段階の確認をしました。
選手たちのほとんどが意識はしたけれどなかなかできない
という感じで教えてもらいました。

もう一度同じ練習をすると、雰囲気が大きく変わってきました。

 

チーム作りとしてはまだまだ未熟な部分が多くあると思っています。
選手それぞれの良さを引き出すために、そして成長するため
もっともっと選手のことを考え、短い練習を効率よく行うために
意識づけをしていかないといけないと改めています。

なぜ、喜ぶのか?

 

バレーボールは、ボールが落ちて次のプレイが始まるまで約8秒と言われています。
この数秒で、選手はコートを走りまわり、1点1点喜びます。

なぜこんなに喜ぶのか?

トップチームでは、試合形式練習でもしっかり喜びます。
しかし、中学生の練習を見ていると、そこまで喜んでいる選手はいません。

それは、試合と同じ緊張感で練習をしてないのではないかと思います。

なので、公式戦でも上位に食い込むチームは最初から喜びますが、
そうでないチームのほとんどは接戦や試合の終盤にならないとうれしいという感情がでてないの喜べていません。

バレーボールは流れのスポーツと言われています。
ワンプレイで流れが変わり、連続失点となってしまいます。
逆を言えば、ワンプレイで連続得点にもなります。

この連続得点にするためにも、喜ぶという行動が次の得点へ繋がるものだと考えます。

浜松ベアーズでは、練習から喜ぶことができるために、どうしたらいいのか?
バレーで喜ぶということは、自分たちにどんな影響をあたえるか?
などをしっかり解説して、練習から選手同士がお互いに調整んし、喜べる環境に導いて行きます。

トレーニングの考え方

知り合いの理学療法士さんが、
最近中学の女子バレー部のサポートに入ったので、
色々教えて欲しいと連絡をいただきました。

この部活はなんであなたを必要としているのか?
あなたのできることはなにか?
まずは、このすり合わせが大事!
それから、あなたからの提案(やりたい事)もしてみたらどう?
そんな話をしました。

数回のサポートで、スタッフ、選手たちの怪我に対する考えが変わってきて、提案していたこと(カラダの使い方)がスタッフに受け入れられました。
と報告をいただきました。

私は、中学生の部活動を見学させてもらうときは、
種目に限らずアップでどんなことをしているのか?に注目しています。
その中で、選手がそのことを理解して行なっているか?を観察しています。
慣れてきたり、先輩からの引き継ぎで、形だけを追い求めて、
本来の機能の部分が伝わっていないことが多いと感じています。

この理学療法士さんとの協力のもと、しっかりとカラダの使い方を確認して、
選手たちに怪我なく、最高のパフォーマンスで練習、試合に取り組める。
そんな環境を整えております。

 

ベアーズ募集

見学に来てください!

ヤングチームの関係者や、保護者の方から激励が届くようになりました。
とても嬉しい思います。

チームがない状態で、選手を集めようとしてもイメージができなければ
参加してみよう!やってみよう!とはいきません。

メンタルトレーニングでもイメージができなければ、
目標にたどり着くことが難しくなります。

そこで、浜松ベアーズの母体となる「くまの運動教室 バレーボールクラス」に
見学に来てください!!

現在、北区や中区、西区の学校から選手たちが集まって個人技の練習をしています。

雰囲気を感じたり、一緒に参加してみてください。

 

毎週月曜日19:30から21:30
西区呉松町 錬成道場(会場の都合で変更する場合がございます)
体験参加は500円
見学は無料

見学、体験の申し込みは
お問い合わせページからお願いします。

img_2479

保護者のみなさまへ

部活動が大きく変わっていきます。
当チームは、部活と調整をしながら大会などに参加していく予定です。
色々な面でご負担をかけると思っていますが、
ぜひ選手たちを応援し、一緒に成長することを楽しみましょう!!

ベアーズ募集

少ない人数で、どう練習するか?

体調不良や、塾などが重なり少し人数が少なかった中3バレーボールクラス。
少ない人数で、どう練習するかは常に考えています。

高校までは紅白戦ができて当たり前、さらには弱いほうに人数を増やすこともしていました。
しかし、専門学校でバレーボールをするには、まず人集めからやった経験があります。
また、選抜チームではなかなか人数が集まらないこともありました。おかげでいろんなポジションをさせてさせてもらいました。

くまの運動教室のバレーボールクラスも今でこそ毎回10名近く集まってくれますが、当初は一人とか二人で練習したこともありました。

ブレス浜松の藤原監督からも、「世界でコーチしていますが、必ず人数が揃って練習できているのは日本だけ。それに慣れてるから対応力のなさがすごくきになる」と言われたこともあります。

少ない人数でも、選手自身が色々考えれば、内容の濃いができる思っています。

チーム立ち上げは人数が少ないこともあるかもしれませんが、必ず選手の成長に繋げる練習を行います。

 

ベアーズ募集

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう